So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

手動コーヒーミルと電動コーヒーミル。美味しく飲めるオススメのミルや、コーヒー、掃除ブラシなどのアイテム、を紹介説明しているブログです。カリタやメリタ、ドイツ製コーヒーミルがおすすめです。
手動をメインにしてますが、電動にも良い点がたくさんあります。豆の挽き方によってエスプレッソが楽しめたりもします。
AMAZONコーヒーミル

■■ コーヒーの広告 ■■

カリタのミル KH-3とKH-5を比較してみた [手動式コーヒーミル]

このブログは、あまり更新していません。
にもかかわらず、地味な人気があるのはなぜでしょう?

「いつもありがとうございます。」

みなさん1人一人に、そう言いたいです。
では久しぶりに、投稿しますね。



これまで紹介した中で人気なミルというのは「Kalita コーヒーミル KH-3」
小型で使いやすいところが評判を呼んでます。

 使いやすい
 分割して掃除しやすい
 5杯分までなら挽いたまま溜められる。

好感度の高い一方で、こんなマイナス評価もあります。

 刃との隙間に残る
 静電気でくっつく



ホッパーがオープンなので、豆や破片の飛び出すこともありますよね。

それでも、性能と比較して価格がとても安いことから、
総体的としては「価格満足度が高い」ミルとなってます。


もちろん、人気が高いからといって、安住しているカリタではありません。
マイナスな注意点を補う形で登場したのが、KH-5です。


Kalita 手挽きコーヒーミル コーヒーミル KH-5


KH-5は、KH-3の欠点を受けて、密封性の高いつくりになってます。

密閉されているので、挽いているときにマメが飛び出す心配は減りました。

 豆の投入口はスライド式で開閉が容易
 閉めた後に密閉し開く事がなく豆を投入しやすい
 本体のセットや取り外しが簡単
 ニギリ部分が波状で、クルクル回らなくていい

使い勝手は向上しています。
ただし、こちらも完全とは言いがたいところがあります。

 臼の周囲溝に多量の豆のかけらが詰まる
 静電気がスゴイ
 手入れがやや面倒
 豆を入れる部分が狭い

こちらのほうが、価格が高いからなのか、評価は辛めのようです。

ただし、どちらのミルにもいえることですが、意見を語っている人みんなが、
それなりに工夫して使っています。

・ハンドルの回し加減や速度、
・一度に挽く豆の量、
・ミルの掃除の仕方。

自分の手で豆を挽くという味わいを楽しんでいる。
そんな景色が目に浮かんでくるようです。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

主なキーワード  コーヒーミル 手動 掃除用ブラシ ステンレス エスプレッソ ドイツ おすすめ アウトドア 掃除用具 おすすめ パーフェクトタッチⅡCG-4B メリタ コーヒーミル 切れ味 一人用コーヒーミル カリタ 手動コーヒーミル コーヒーの味の違い オススメコーヒーミル カッター刃 ポーレックス 使い方 説明 電動 ブログ 臼刃 アウトドア デロンギ ランキング ニトリ ハリオ コーヒーミルプジョー
自宅で開業できる仕事と資格
ファセオラミン

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。