So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

手動コーヒーミルと電動コーヒーミル。美味しく飲めるオススメのミルや、コーヒー、掃除ブラシなどのアイテム、を紹介説明しているブログです。カリタやメリタ、ドイツ製コーヒーミルがおすすめです。
手動をメインにしてますが、電動にも良い点がたくさんあります。豆の挽き方によってエスプレッソが楽しめたりもします。
AMAZONコーヒーミル

■■ コーヒーの広告 ■■

ザッセンハウス とは [コーヒーのメーカー紹介]


ザッセンハウス(zassenhaus)とは?


ザッセンハウスはドイツの老舗メーカーです。

「ドイツ製品」には、実用一点張りの硬いイメージがありますが、

ザッセンハウスは、アンティーク調なデザインで知られています。

製作される機器は、それぞれ独特の味わいを持っているんです。


1867年の創業以来、「挽く」器具にこだわり続けるメーカーです。

職人が手作りで仕上げる手挽きのコーヒーミル(グラインダー)は、

永く世界から愛され続けています






ザッセンハウスは、素材選びからこだわります。

通常のミル刃は鋳鉄製のタイプが多いのですが、

ザッセンハウスのミル刃はすべて硬質特殊鋼製。

傷みにくい素材を用いてるので、堅牢性には定評があります。

ドイツでは、10年保証とまで言われるほど、丈夫で長持ちするのです。


丈夫なだけではありません。

挽きにこだわったシンプルで高精度な設計が、均等な粉を挽いてくれます。

それは、「手挽きミル」とは思えないほど。

ザッセンハウスの評価が高いのは、こだわり抜いた性能つくりがあってこそです。



2006年に倒産してしまったのは、残念なことでした。

倒産の理由は、筐体用木材を納品していた業者が倒産したこと。

この木材がなかなかの高品質でした。

同じ品質の木材を仕入れることができなくなったことで、

望む製品が作れなくなり、あえなく倒産に至ったそうです。

品質にこだわる、ザッセンハウスらしい倒産劇です。


現在は、会社更生法により別資本で復活していますが、

ミル刃も筐体も、以前の品質に及びません。

おかげで、オークション市場では、新品中古問わず定価の数倍に高騰しました。

特に西ドイツ時代のオールドザッセンは人気が集中。

日本のアンティーク業者が、世界中のオールドザッセンハウスを、

片っ端から根こそぎ買い占めているという話です。






■ ミルの価値


ザッセンハウスのミルは、プロが愛用する逸品です。

アンティーク製品としての品質が高さは、誰が見ても一目瞭然。

デザインに趣があるため、こだわりのあるカフェでは、広く使われています。


筐体は、クルミ材やマホガニーなどの銘木を使用しています。

古い年代のものほど、木材の品質が高く、評判も高い。

マホガニーの伐採は、現在、ワシントン条約で禁じられています。

価値は上がっていく一方です。



モデルラインナップも豊富です。デザインも形状も、趣向の違う製品があります。

同時代の同一型番製品であっても、使われる銘木や仕上がりバリエーションが数多く存在。

ハンドルやプレートなどの装飾なども、微妙に異いがあります。

職人の魂が、一品ごとに、命を吹き込んでいるのかもしれません。

コレクターの心をくすぐる。そんなコーヒーミルです。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

プライバシー・ポリシー [このブログについて]

■ プライバシーポリシー

 このページにお越しいただいて、まことにありがとうございます。
 ここは、私が運営するホームページ・ブログの、プライバシー・ポリシーを、お伝えするページです。


 ごらんのサイトについて

 各サイトは、アフィリエイトサイトです。アフィリエイトとは、WEBサイトと企業とが提携するもので、概ね2つのシステムがあります。WEBサイトを通じて提携先企業の商品やコンテンツが購買されると、紹介したWEBサイト側に手数料が入るタイプ。関連する動的リンクをクリックすると、手数料が入るタイプ(アドセンスという)。いずれにしても、サイト内においては、支払いは発生しないので、安心してご閲覧ください。。



1.サイトと取扱い商品の関係

 各サイトで紹介している商品は、該当する企業とのアフィリエイト(提携)しているものです。商品についての情報は、提携先から配布されている内容を主体としています。当サイトが独自で収集した情報を付け加える場合もありますし、商品によっては、実際に購入して確認した実体験を加えていることもあります。
 ただし、販売商品をリアルで管理しているわけではありませんことを、ご理解ください。


2.商品に関するお問い合わせ

 商品に関する質問は、紹介先の企業・商店へお問い合わせください。また、商品の購入にあたってお客様が登録した個人情報については、当サイトで把握することができません。よって、個人情報の取扱いについての質問にはお答えできる立場にありません。


3.当サイトへの質問・苦情

 当サイトについての、ご質問・苦情につきましては、メールにてお願いします。可能な限り早急にご返答をいたします。お問い合わせいただいた場合の、お客様の氏名・メールアドレス等の情報は、厳重に管理いたしております。


4.クッキー(cookie)の使用について

 各サイトでは、不正アクセスを防止しセキュリティーを確保すること、および当サイトの改善に役立てることを目的として、クッキー(cookie)を使用しております。サイトで設定するクッキーには、個人を特定する情報は含まれておりませんので、その点、ご安心ください。


 ※ ブラウザの設定でクッキーが無効にされていますと、サイト内の機能をご利用いただけない場合がございますのでご注意ください。
 ※ Windows版の Internet Explorer 5.5より古いバージョンにおいて、クッキー(cookie)に関するブラウザの問題がマイクロソフト社のサイトにおいて公開されております。当方といたしましては、問題が解決されている Internet Explorer 5.5以上のバージョンで閲覧いただくことを推奨いたします。



 当サイトについての、ご質問・苦情につきましては、メールに、サイト名を添えてお願いします。


                サイト管理者

共通テーマ:インテリア・雑貨

プジョーの手動コーヒーミル [手動式コーヒーミル]

電気が登場していなかった昔。

コーヒーミルは、みんな手動でした。

いろんなメーカーが、コーヒーミルを作ったはずですが、

現在まで知られているメーカーはわずかとなってます。

メリタやザッセンハウスといった、ミルメーカーはいまも健在ですが、

ほかに、思い出せるメーカーはないのでは?


「カリタ」も有名なミルメーカーですが、日本橋で創業したのが1958年。

ミルの永い歴史を思えば、若いメーカーといえます。



フランスの、老舗メーカープジョーはご存知でしょうか?

誕生してから160年が経過しているという、ものすごく古い歴史をもつメーカーです。、

プジョーは、ペッパーミルで定評があります。刃の作りも見事です。

アンティークな木目調やレトロモダンなデザイン。。

などなど、魅力的なミルを数多く手がけています。



現在、世界のミルの主流は「電動」へ移っていますが、

プジョーのコーヒーミルは、世界中で愛され続けている逸品といえます。


原木が出す味わいを、そのままデザインに取り入れているので、

木の産地によって、色合いは貫禄ががらりと変わる。

そこにも、プジョーのコーヒーミルの魅力があります。



■  プジョー コーヒーミル タンザニア(黒


■ プジョー コーヒーミル グアテマラ


■ プジョー コーヒーグラインダー タンザニア




最後にオーソドックスなミルを。

こちらは、「ノスタルジー ナチュラル」と呼ばれるミルです。

シンプルなカラーが飽きないですね。

■ プジョー ミル ノスタルジー...


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

Melitta パーフェクトタッチII CG-5Bの使い方 [電動コーヒーミル]

以前に紹介した、メリタのパーフェクトタッチ。

どうやって使うのかと、問い合わせがきました。

個人的には、使ったことがないのですが、その代わりに、いいものをみつけました。


Melitta パーフェクトタッチII CG-5Bの使い方の動画です。


豆を挽くミルには、いくつか粉砕方式があり、 臼式もそのひとつ。

パーフェクトタッチIIの、大きな特徴は、臼式ミル歯です。

臼式は、のこぎり状の固定歯と回転歯を、回転させます。

2つの歯の間で、コーヒー豆は粉砕、挽かれていくのです。

パーフェクトタッチIIび臼式は、細挽きから粗挽きまで挽ける。

わりと、高性能なんです。



「粗さ調節ダイヤル」もなかなか便利。

目盛りをあわせるだけで、挽き具合が4段階に調節できるんです

好みの粒度をみつけて、おいしさを追求してください。




口コミ::: 以前は手動の臼式ミルで、必死でハンドルぐるぐる回して挽いていたのですが、 ほぼ毎日飲むものだけにどうしても手間でどうにかならんものかと考えていました。 電動でしかも臼式となると値段の張るものが多かったのですが、 この商品はかなりお値打ち感が強かったので電動ミル入門用として買ってみました。 商品説明では挽き加減は4段階と記載されていますが、 説明書を読んだところ0~4の5段階で、 実際には各数値の間で止めることもできるので かなり引き加減は調整できそうです。 ダイヤル1つづつ回していったら16段階位ありました。(・ω・) まだ使い始めて日が浅いですが、 自分好みの味に挽ける日もそう遠くないかと思います。 手入れの手間は、自分は手動式の時は なんだかんだと全分解して洗っていたので ほとんど気になりませんでした。 デザインがシンプルな分、置き場所を取らず良い感じです。 飲む量にもよりますが1~3人位のご家庭におススメです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

メリタ(Melitta) [コーヒーのメーカー紹介]

メリタ(Melitta)は、コーヒー機器の総合メーカー。

本社はドイツです。

日本では、メリタ・ジャパン株式会社が支社業務を行ってます。

1908年に設立された M.Benz社という会社が前身です。



名前の由来になっている「Melitta Bentz(メリタ・ベンツ)」は、主婦の名前です。

レギュラーコーヒーって、ペーパーに挽いたコーヒーを置いて、お湯を注いで濾過してますよね?

「ろ紙を使うコーヒー抽出法」のことをペーパードリップシステム」というのですが、

それを発明したのが、メリタ・ベンツさんなんです。



画期的なペーパードリップのアイデアは、ドイツ国内で反響を呼びました。

メリタさんの事業は、息子のホルストさんが引き継ぎます。

ドリップシステムに更に改良を重ねていきました。

そして完成させたのが、円錐形のフィルター。

現在も使われている、あのドリップペーパーです。



メリタの支社は世界中にあります。

日本・ヨーロッパのほか、アメリカ合衆国、カナダ、南アメリカなどなど。

メリタブランドの製品は、全世界に普及しています。



Melitta セレクトグラインド MJ-518



Melitta アロマサーモ 5カップ JCM-512/R


メリタ⇒ (AMAZON)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

コーヒーミルときな粉の関係 [手動式コーヒーミル]

今回は、話しがコーヒーからズレます。

でも、そんなにズレないかもしれません。

「 どっちやねん 」


きな粉についてのお話です。

自分で作る、自家製きな粉が人気らしいですね。

どうやって作るのかというと、かなりカンタンです。

大豆があれば出来てしまいます。


■ 準備するもの
 大豆 (適量 というか、好きなだけ)
 砂糖 (適量 というか、好きなだけ)
 塩  (ひとつまみ)

■ 以下に手順です
 1 フライパンで大豆を転がしながら弱火で炒る
 2 皮がむけ、香ばしい香りがして、きつね色になったら火を消す
 3 フードミルにかけて粉状にする
 4 砂糖と塩を入れてよく混ぜる

以上です。しっかり炒るほど、香ばしくて美味しくなります。
( 引用サイト>http://cookpad.com/recipe/509602


さて、ここからが本題です。



なんでこきな粉について書いているのかというと、当サイトが「きな粉」で検索されたからです

具体的なキーワードは「コーヒーミル きな粉」

「 コーヒーミルと、きな粉? 」

どんな組み合わせでしょうか?

不思議に思って調べたところ、あることがわかりました。



きな粉という「粉」を作るためには、フードミルを使います。

しかしフードミルでなく、コーヒーミルを使っている人がいるようなのです。


粉を挽くという点で、コーヒーミルもフードミルも機能は同様。

フードミルが無いから、代わりにコーヒーミルを代用しているんですね。

おいしくできるそうなので、それ自体はいいのですが、

使った後の「手入れ」的にはどうなんでしょうね??

ちなみに、楽天でコーヒーミル きな粉を検索すると、このミルがヒットします

ひと味違う!セラミック刃のコンパクトなコーヒーミルPORLEX・ポーレックスセラミックコーヒーミル



nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ボダムの電気式コーヒーグラインダー bodum BISTRO [電動コーヒーミル]


bodum(ボダム)は、機能性とデザイン性を兼ね備えた商品で知られてます

そのボダムの電気式コーヒーグラインダー、bodum BISTRO

スイッチひとつで、コーヒー豆が手早く均等に挽けるのがいいですね。

豆の挽き方は、段階的に調整できます

エスプレッソ用の極細挽き。

フレンチプレス用の中荒挽き。

回転速度が遅めなので、均一に挽けます。

挽く時の音も小さめのコニカル刃を使用してます。




コニカルというのは、円錐形をした刃のこと。

フラットタイプに比べて回転数を低く抑え、 騒音や熱の発生をセーブします。

AMAZON クリック↓
bodum BISTRO 電気式コーヒーグラインダー レッド 10903-294

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

手動と電動。結局どちらがいいの? [美味しいコーヒーへの道]

電動と手動コーヒーミルは、どう選べばいいのでしょうか?

性能のうえでは、どちらを選んでも大丈夫です。

コーヒーの楽しみ方と時間。そして、ミルの価格をトータルで考えます。

コーヒーと時間をじっくり楽しみたいなら手動式コーヒーミル。

すぐにも飲みたいなら、電動がオススメになります。


予算にゆとりがあるなら、ぼくは両方をオススメします。

電動も手動も、どちらとも、そろえるのです。



平日は、電動でウィーンとやって朝の時間を楽しむ。

手動式は、お休みの日に、ゴリゴリやる。

はっきり言って、毎日のことなので、手動はカッタるいです。

週に一日、くらいが丁度よいかと。。。



手動式コーヒーミルは、電動式と違い、熱がでません。

味も香りも逃がさないから、おいしく飲めるのです。

しかし、時間がかかります。

使ったあとは、すぐに手入れをしないといけないし。

きっと、2週目ぐらいからこの言葉に変わるはず。

「 やっぱ電動式コーヒーミルにすればよかった・・・」



深煎りの珈琲豆は、表面に油が出ています。

このコーヒーの油が邪魔をして、

ミルの中で珈琲豆同士が引っ付いたり、引っかかったりするんです。

それやこれやも、手動の醍醐味ですが、心にゆとりがないと楽しめません。


だから、お小遣いにゆとりがあるなら、両方をぞうぞ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
主なキーワード  コーヒーミル 手動 掃除用ブラシ ステンレス エスプレッソ ドイツ おすすめ アウトドア 掃除用具 おすすめ パーフェクトタッチⅡCG-4B メリタ コーヒーミル 切れ味 一人用コーヒーミル カリタ 手動コーヒーミル コーヒーの味の違い オススメコーヒーミル カッター刃 ポーレックス 使い方 説明 電動 ブログ 臼刃 アウトドア デロンギ ランキング ニトリ ハリオ コーヒーミルプジョー
自宅で開業できる仕事と資格
ファセオラミン

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。