So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

手動コーヒーミルと電動コーヒーミル。美味しく飲めるオススメのミルや、コーヒー、掃除ブラシなどのアイテム、を紹介説明しているブログです。カリタやメリタ、ドイツ製コーヒーミルがおすすめです。
手動をメインにしてますが、電動にも良い点がたくさんあります。豆の挽き方によってエスプレッソが楽しめたりもします。
AMAZONコーヒーミル

■■ コーヒーの広告 ■■

コーヒーミルの使い方 [美味しいコーヒーへの道]

コーヒーミルについてお話しているにもかかわらず、

これまで、ミルの使い方については、触れてなかった気がします。

電動なら、豆を入れてスイッチオン。

手動なら、豆を入れて、ガリガリ回せば出来上がり。

要は、こういうこと↑です。


ただし。

手動の場合では、その挽き上がる時間そのものも、コーヒーの味わいです。

そういう意味で、もっと味わいが深くなればと、細かい使い方をお話します。

今回の仕様

 ミル 小型の手動式。(カリタのミニミルのイメージ)
 コーヒー豆 1人分 10グラム



■ 手動ミルでコーヒー豆を挽く方法


1 古い粉を取り除く
 一度でも使っているなら、前回の掃除を兼ねます。
 ミルの下にある引き出し部分を取り出して、残った古い粉を取り除きます。
 (古い粉は酸化しているので、混ざると風味が落ちます)

2 コーヒー豆を計る
 一人分(120ml)で10グラムです。
 10グラムを計るメジャーカップがあると便利

3 ミルに入れる
 コーヒー豆をミルのカップ部分に入れます。

4 コーヒー豆を挽く
 ハンドルをゆっくり回して、コーヒー豆を挽いていきます。
 ゆっくりと回すこと。速く回すと摩擦熱が発生して、コーヒー豆を劣化させます。

5 出来上がり!


豆を挽くときですが、回し始めはやや手応えがあります。

それが、回していくうちにハンドルが軽くなります。

「カラカラ」と手応えがなくなれば挽き終わりです。

ねじの調節で、粗くしたり細かくする事が可能です。


ちなみに、市販のペーパードリップのものは、中細挽きです。

味の濃さと挽き方を調整して、自分の好みを見つけていくのは楽しい仕事です。


手動ミルは一度にたくさんは挽けません。

だから、ゆっくりハンドルを回していると、とても落ち着いた気分になります。

挽く時間を楽しむ。

忙しい現代では、これこそが、「ぜいたくな味わい」かと。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
主なキーワード  コーヒーミル 手動 掃除用ブラシ ステンレス エスプレッソ ドイツ おすすめ アウトドア 掃除用具 おすすめ パーフェクトタッチⅡCG-4B メリタ コーヒーミル 切れ味 一人用コーヒーミル カリタ 手動コーヒーミル コーヒーの味の違い オススメコーヒーミル カッター刃 ポーレックス 使い方 説明 電動 ブログ 臼刃 アウトドア デロンギ ランキング ニトリ ハリオ コーヒーミルプジョー
自宅で開業できる仕事と資格
ファセオラミン

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。