So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

手動コーヒーミルと電動コーヒーミル。美味しく飲めるオススメのミルや、コーヒー、掃除ブラシなどのアイテム、を紹介説明しているブログです。カリタやメリタ、ドイツ製コーヒーミルがおすすめです。
手動をメインにしてますが、電動にも良い点がたくさんあります。豆の挽き方によってエスプレッソが楽しめたりもします。
AMAZONコーヒーミル

■■ コーヒーの広告 ■■

タイガー コーヒーメーカーACQ-X020 [美味しいコーヒーへの道]


今回は、ミルではなく「コーヒーメーカー」です

タイガー魔法瓶が、蒸気プレス方式とやらを使った、コーヒーメーカーを発売したのです。

「ブラックが際立つ」ということですが、蒸気プレスというのはどういう方式なのでしょう。


タイガー コーヒーメーカーACQ-X020-WF


さて。コーヒーの淹れ方ですが、お湯にコーヒー粉を一定時間浸したあと蒸気圧をかけてコーヒーを抽出する、というものです

この一連の方式が「Tiger Press(タイガープレス)」で、豆本来の味わいを引き出せるタイガー独自の方法だとか。

コーヒー豆の旨味成分をあますことなく抽出できるから、ブラックの美味しさが特に際立つと自信をもっているという。美味しそうなので、飲んでみたいものです。


また抽湯温度は、(85・90・95℃)の3段階、コーヒー粉の浸し時間は5段階(30・45・60・75・90秒)から設定可能です。

抽湯温度と浸し時間の組み合わせで苦味や酸味を調節することで、同じ豆でも15通りのテイストが楽しめます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

オールインワン コーヒーポット [手動式コーヒーミル]

手挽きのコーヒーミルは、構造が決まっています。


回しやすいとか、

使ったあとの手入れがしやすいとか、

素材的に酸化を誘発しにくいとか、

本体が、木製ベースかステンレスベースか。

デザインが、しゃれているとか……。


多少の違いはあるのですが「ハンドルを回して豆を挽く」ことは決まってます。

そんなことから、似たような製品ばかり紹介してるきがしてますが気のせいでしょう。


そんな気のせいを払拭するような製品をみつけました。



この「NolaSang 手挽きコーヒーミルンダー」は、

手動コーヒー粉砕ハンドツイスト回転ポータブルコーヒーポットです。

これでは↑なんだかよくわからないと思います。


つまり、コーヒー豆と熱いお湯を持ち歩けるポット。なので、

外出したその場で豆を挽いて淹れたてコーヒーが楽しめるという優れもの。


ポットボディのふたには豆が入り、5グラムとの15グラムの2つに仕切られてます。

下のコップ部分にファンネル形状のフィルターメッシュを置いで豆とミルをセット。

蓋の下部分がポット。お湯を注げば、熱々の淹れたてコーヒーがいただけます。



NolaSang 手挽きコーヒーミルンダー


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
主なキーワード  コーヒーミル 手動 掃除用ブラシ ステンレス エスプレッソ ドイツ おすすめ アウトドア 掃除用具 おすすめ パーフェクトタッチⅡCG-4B メリタ コーヒーミル 切れ味 一人用コーヒーミル カリタ 手動コーヒーミル コーヒーの味の違い オススメコーヒーミル カッター刃 ポーレックス 使い方 説明 電動 ブログ 臼刃 アウトドア デロンギ ランキング ニトリ ハリオ コーヒーミルプジョー
自宅で開業できる仕事と資格
ファセオラミン

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。