So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

手動コーヒーミルと電動コーヒーミル。美味しく飲めるオススメのミルや、コーヒー、掃除ブラシなどのアイテム、を紹介説明しているブログです。カリタやメリタ、ドイツ製コーヒーミルがおすすめです。
手動をメインにしてますが、電動にも良い点がたくさんあります。豆の挽き方によってエスプレッソが楽しめたりもします。
AMAZONコーヒーミル

■■ コーヒーの広告 ■■
コーヒーのメーカー紹介 ブログトップ

ザッセンハウス とは [コーヒーのメーカー紹介]


ザッセンハウス(zassenhaus)とは?


ザッセンハウスはドイツの老舗メーカーです。

「ドイツ製品」には、実用一点張りの硬いイメージがありますが、

ザッセンハウスは、アンティーク調なデザインで知られています。

製作される機器は、それぞれ独特の味わいを持っているんです。


1867年の創業以来、「挽く」器具にこだわり続けるメーカーです。

職人が手作りで仕上げる手挽きのコーヒーミル(グラインダー)は、

永く世界から愛され続けています






ザッセンハウスは、素材選びからこだわります。

通常のミル刃は鋳鉄製のタイプが多いのですが、

ザッセンハウスのミル刃はすべて硬質特殊鋼製。

傷みにくい素材を用いてるので、堅牢性には定評があります。

ドイツでは、10年保証とまで言われるほど、丈夫で長持ちするのです。


丈夫なだけではありません。

挽きにこだわったシンプルで高精度な設計が、均等な粉を挽いてくれます。

それは、「手挽きミル」とは思えないほど。

ザッセンハウスの評価が高いのは、こだわり抜いた性能つくりがあってこそです。



2006年に倒産してしまったのは、残念なことでした。

倒産の理由は、筐体用木材を納品していた業者が倒産したこと。

この木材がなかなかの高品質でした。

同じ品質の木材を仕入れることができなくなったことで、

望む製品が作れなくなり、あえなく倒産に至ったそうです。

品質にこだわる、ザッセンハウスらしい倒産劇です。


現在は、会社更生法により別資本で復活していますが、

ミル刃も筐体も、以前の品質に及びません。

おかげで、オークション市場では、新品中古問わず定価の数倍に高騰しました。

特に西ドイツ時代のオールドザッセンは人気が集中。

日本のアンティーク業者が、世界中のオールドザッセンハウスを、

片っ端から根こそぎ買い占めているという話です。






■ ミルの価値


ザッセンハウスのミルは、プロが愛用する逸品です。

アンティーク製品としての品質が高さは、誰が見ても一目瞭然。

デザインに趣があるため、こだわりのあるカフェでは、広く使われています。


筐体は、クルミ材やマホガニーなどの銘木を使用しています。

古い年代のものほど、木材の品質が高く、評判も高い。

マホガニーの伐採は、現在、ワシントン条約で禁じられています。

価値は上がっていく一方です。



モデルラインナップも豊富です。デザインも形状も、趣向の違う製品があります。

同時代の同一型番製品であっても、使われる銘木や仕上がりバリエーションが数多く存在。

ハンドルやプレートなどの装飾なども、微妙に異いがあります。

職人の魂が、一品ごとに、命を吹き込んでいるのかもしれません。

コレクターの心をくすぐる。そんなコーヒーミルです。






nice!(0)  コメント(0) 

メリタ(Melitta) [コーヒーのメーカー紹介]

メリタ(Melitta)は、コーヒー機器の総合メーカー。

本社はドイツです。

日本では、メリタ・ジャパン株式会社が支社業務を行ってます。

1908年に設立された M.Benz社という会社が前身です。



名前の由来になっている「Melitta Bentz(メリタ・ベンツ)」は、主婦の名前です。

レギュラーコーヒーって、ペーパーに挽いたコーヒーを置いて、お湯を注いで濾過してますよね?

「ろ紙を使うコーヒー抽出法」のことをペーパードリップシステム」というのですが、

それを発明したのが、メリタ・ベンツさんなんです。



画期的なペーパードリップのアイデアは、ドイツ国内で反響を呼びました。

メリタさんの事業は、息子のホルストさんが引き継ぎます。

ドリップシステムに更に改良を重ねていきました。

そして完成させたのが、円錐形のフィルター。

現在も使われている、あのドリップペーパーです。



メリタの支社は世界中にあります。

日本・ヨーロッパのほか、アメリカ合衆国、カナダ、南アメリカなどなど。

メリタブランドの製品は、全世界に普及しています。



Melitta セレクトグラインド MJ-518



Melitta アロマサーモ 5カップ JCM-512/R


メリタ⇒ (AMAZON)

nice!(0)  コメント(0) 

Kalitaというメーカー  [コーヒーのメーカー紹介]

Kalitaというメーカーについて。

Kalitaは「カリタ」と読みます。

創業は1958年。国内のコーヒーのパイオニア的存在であり、

コーヒー器具の老舗として、よく知られているメーカーです。



カリタの語源は、ドイツ語。

ドイツ語では、コーヒーのことを「Kaffee」といい、

「Kaffee」に「Filter(フィルター)」を組み合わせてたのがKalitaです。



コーヒーは、産地によって特徴が異なります。

個性的な特徴を正確にとらえて、

満足できる味と香りを引き出すことに力を注いでいます



コーヒーメーカーやエスプレッソマシン、フィルター。

そしてミル。幅広く製造、販売しています。

美味しいコーヒーへの思いは、どこにも負けない。



近年は、「コーヒーに優しいミル」を目指してす。

業界初のセラミックカッターや、

低速カッティングで豆に熱を持たせないギアを開発。



経済的に熟成された現代。

ますます、本物志向が高まってきています。

コーヒーをじっくり味わいたいという、私たちの思いに応えているメーカーです。



Kalita セラミックミル C-90 (AMAZON)

Kalita セラミックミル C-90 (ブラック)

nice!(0)  コメント(0) 
コーヒーのメーカー紹介 ブログトップ
主なキーワード  コーヒーミル 手動 掃除用ブラシ ステンレス エスプレッソ ドイツ おすすめ アウトドア 掃除用具 おすすめ パーフェクトタッチⅡCG-4B メリタ コーヒーミル 切れ味 一人用コーヒーミル カリタ 手動コーヒーミル コーヒーの味の違い オススメコーヒーミル カッター刃 ポーレックス 使い方 説明 電動 ブログ 臼刃 アウトドア デロンギ ランキング ニトリ ハリオ コーヒーミルプジョー
自宅で開業できる仕事と資格
ファセオラミン

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。